結婚した友人や後輩にお祝いを渡す人は多いでしょう。結婚式や披露宴に呼ばれた場合は三万円が相場で、それらの金額には披露宴での飲食代や引き出物も含まれています。式や披露宴に出席しない場合はその人との関係にもよりますが、一万円から二万円くらいでしょう。お金と品物を一緒に送る手もあります。これから新しい生活が始まるので、二人分のカップや食器などもいいでしょう。そしてそれらのお祝いをもらったら、結婚内祝いを返すのが一般的です。基本的には半返しといわれているので、もらった金額や品物の半分程度のものを返します。中には一万円もらって千円程度のお菓子だったり、三万円もらって三千円といった一割返しをする人もいます。それはあまりにも相手に失礼ですし、常識に欠けていますので注意しましょう。お互いに結婚内祝いはなしにしようと、事前に話をしているような場合は別になります。

結婚内祝いにもらって嬉しいも

結婚する二人に対して送る結婚祝い。それにお返しをするのが結婚内祝いです。内祝いにはこれをあげなくてはならない、といった決まりはありませんので、それぞれの個性が光る品物を選べばよいでしょう。あるご夫婦のお話です。とても仲の良いそのご夫婦は、お返しの品に自分たちの写真を入れた花瓶を送ったそうです。自分たちの幸せをアピールしたかったのかもしれませんが、正直もらった方は困ってしまいますよね。玄関に飾って毎日見るのもどうかと思いますし。やはり相手がもらった嬉しいものを選びたいですよね。もらって嬉しい結婚内祝いをきくと、実はカタログギフトや商品券は若い人には人気があります。自分が欲しいものを選べますし、趣味の合わない物が増えなくていいのでしょう。ただし年配の方だと、金額がはっきりわかる商品券を嫌がる場合がありますので気をつけましょう。

結婚内祝いを贈ります

結婚してから大勢の方からお祝いの品を頂きました。頂いてばかりでは非常に申し訳ないですし、こちらからの誠意を伝えることができませんので、お祝いを頂いた方全員に結婚内祝いを贈ることにしました。いったいどのようなものを贈ると喜ばれるかなと悩んでいると毎日使用する洗濯洗剤や食器洗い洗剤などの日用品の詰め合わせのほうが喜ばれるのではないかなと感じました。それにこうした贈り物はあまり好き嫌いはありませんし、一人暮らしや実家暮らしに未婚既婚関係なく贈ることができるので重宝しそうです。ギフトを選んでいると私のほうが欲しくなってしまいます。プレミアムな柔軟剤や洗剤などのギフトは本当にそそられてしまいます。自分が欲しい使ってみたいと思うようなものを結婚内祝いとして贈ってあげると、きっと相手にも気持ちが伝わると思います。